linum.okimawa (リナムオキナワ) 小柄大人女子のためのナチュラル服

小柄大人女子のためのナチュラルで着心地の良い服を制作、委託販売。現在ネットショップ準備中。

ダイエットが出来ない原因

良くあるダイエットが出来ない(しない)理由づけの代表は

 

運動するのに時間が無い
ダイエットサプリや食品にかけるお金がもったい

↑かつての私ね

 

デスか?

 

f:id:linum-yoshi:20171015103653j:image

 

 

いやいや、お金かけて太ってますから!

 

コンビニ行ってお菓子買うお金と時間ありますよね?

 

居酒屋行って飲んで食べるお金と時間ありますよね?

 

太って洋服のサイズが合わなくなって、新しいワンサイズ大きめのお洋服買うお金と時間ありますよね?

 

その時間とお金をジムやダイエットサプリ、食品に回したら良いだけのハナシ(*≧∀≦*)

だったりするのよね〜


私もかつてはかなりの

理由付け大魔王でした(゚∀゚)

 

何を食べるか、その時間をどう使うかも自分で決める事が出来ますよ!

自戒を込めて💕

 

ダイエットしたいのに食べちゃう?そんな時の乗り越え方

ダイエットに興味はありますか?

 

ダイエットって何でしょう?

 

ダイエットの本当の意味は運動ではなく

食事制限なんです!

 

ダイエットしたい、でも食事制限はイヤ

だとすると矛盾するので

ダイエットは成功しません

 

私は以前、ストレスで今より+14太りました

恥を忍んで初公開!

 

ダイエット前(数年前今より+14キロ地点)

 

f:id:linum-yoshi:20171015001103j:image

f:id:linum-yoshi:20171014234502j:image

↑自分でも怖いよ、この顔

太っていたから写真撮られるのがイヤで

無意識に仏頂面

 

この時はね、まず自分が太っている自覚が全く無かった

 

かなりのシュガーホリック状態

 

抜け出したくても、抜け出せない

痩せたいけれど、食べてしまう

負の連鎖の毎日

 

でもある日

着る服が無いとお洋服を買いに行ったんです

 

その時の衝撃と言ったら…Σ(゚д゚lll)

 

もうね、試着する服全てが

とことん、片っ端からダメウーマン

 

何を着ても納得出来ない

マネキンさんが着ているようにならない!

(当たり前よ!体型が違いすぎるもの)

 

その時に初めて←遅っ(゚ω゚)

私って太ってると自覚しましたのよ

 

身長150㎝、チビでデブって最悪Σ(゚д゚lll)

いつのまにか、女捨ててた

 

で、この頃は臨時の看護師のお仕事なんかもしていて

そこで糖尿病などの生活習慣病の患者さんに

食事や生活指導なんかする機会もあってね

 

なんというか、患者さんからしたら

そんな体型のあんた(私の事ね)に言われても、納得出来ねーし!だよね〜って

実際に言われたわけでは無いけれど

 

覚悟決めてダイエット始めました

 

まずはダイエットについての知識の仕入れ

そこから実行←ここね、ここ

痩せるか痩せないかは

実際に行動するかしないかだけ

やるかやらないかは全てに共通する事だよね

 

例えば、掃除とか片付けとか仕事とか

目の前のやらなきゃいけないことが出来て初めてダイエットが出来ます

 

小さな山を登れないのに

大きな山をいきなり登る事は

まず普通の人間なら無理だよね

 

言い訳ばかりして実行出来ないのは

本当はしたくない、痩せたくないんじゃ?

 

と自分へ言い続けました

 

それでもね、やっぱり時々は甘いものも食べたくなる

 

そーなの!食べて良いのよ!

今日は生チョコレートケーキ頂きました(*≧∀≦*)

f:id:linum-yoshi:20171015000713j:image

 

ダイエット中の甘いものの取り方にもコツがあって

質の良い、本当に納得できるものを食べましょ

これは食事も一緒ね

 

コンビニのとか、どーでも良いもので身体を満たそうとしない

どーでも良いもので満たそうとしても満たされないから

また食べるんです

 

そして一日、数日単位でカロリーの計算

大体で良いんです

 

今日は美味しくケーキを頂いたから

夕飯は食べないでも大丈夫ってね

 

大抵痩せられない時は

ダイエット中だけど、美味しくケーキ頂いた

そして夕飯も普通に食べてしまう時

 

それって、夕飯時間だからと決めつけて食べてません?

 

本当にお腹空いてる?

と自問自答してみてください

 

そして次のステップは

 

それを食べた時の

メリットとデメリットを比較する

 

私の場合は、食べても後悔

あーっ、ね、やっぱり食べたから太ったよ

 

という後悔と

 

食べなかった時の後悔

今食べとかなきゃ!とかやっぱり食べればよかった

 

その後悔の度合い→メリットを比較します

 

食べちゃったら、食べちゃったという自責の念と、太るというデメリット

 

食べないで我慢できたら、

凄い!私って偉い!我慢できた!大切な身体に本当に必要なものだけ食べる事ができた!

そして体重減ってるし

というメリットを取るようにしています

 

痩せてスリムな方は

こうした選択が自然と当たり前に出来ているので

もう、当たり前すぎて人に言う事でも無いんです!

 

でも、ついつい食べ過ぎてしまう時には

一つ一つ口に運ぶ物に対して

本当に身体が必要としているのか

ただ心が寂しいだけでは無いのか

それを食べて本当に幸せになれるのか

 

いちいち繰り返し

自問自答してみる必要があります

 

そして身体が軽くなってくると

頭痛が無くなり、運動習慣もついてきました

 

そんなこんなで今は

 

f:id:linum-yoshi:20171015002556j:image

 

f:id:linum-yoshi:20171015002609j:image

 

 こんな感じです

そして今、再びダイエット再開

 

再開というのもおかしな話なんですが

ダイエットって食習慣なので

食べていられる間はずっと継続なんです

 

ちょっとここ最近

自問自答の回数が減っていまして

 

そこを再開しています!

 

最初はかなりの意識が必要ですが

その内身体が本当に必要なものを

本当に食べるべきものを

教えてくれるようになりますよ

 

現在の目標は目指せ!-5キロ

 

一番大切なのはどーでも良いもので身体をゴミ箱にしないこと

子どもの残り物とかね

 

大切な自分の身体

食べる物も自分で選んで良いんです

 

 

 

自己流の縫製でお気に入りのリネンワンピース

これから秋冬というこの時期ですが

沖縄の気温はまだ30度超え

 

なのでノースリーブワンピの製作

f:id:linum-yoshi:20171008133007j:image

 

季節はわかっておりますが

 

作りたい時に作りたいものを

というスタンスは譲れません

 

そこで製作にとりかかったものの

途中で、脱ぎ着のしやすさとデザインで悩むこと数日

 

 

結局ね…

脱ぎ着のしやすさと
頭の中のデザインと
やはりどちらも捨てがたくて

10回以上パターン引き直し

 

 

で、何がネックになっていたかと言えば
固定観念に囚われた縫製の仕方

 

そこを思いっきり自己流にしたら
仮縫い出来ました!

 f:id:linum-yoshi:20171008133624j:image

 

多分ね、きちんと習った方からしたら
「えっ⁈こんな縫製の仕方?」

(雑な縫い方というわけではなく)

という縫い方かもしれない

 

ですが固定観念を取り除き

これじゃなきゃに囚われなければ

自由に好きなように上手くいく

 

これまでにない

お気に入りのワンピースができそうです

 

まだ仮縫いなので試着段階ですが

微妙な位置でのブラウジングで

凄く良いんですよ

 

 

息子くんの学力向上の為に取り組んだ事

 

こちらの小中学校は2学期制

なので秋休みというものがあり

この時期に通知表をもらってきます

 

これまで色々手を尽くしてきた

お勉強苦手な息子くん

 

男の子って母にとっては理解不能なことも多々

どうしたら…とこれまで学力向上のため色々試してきました

 

子どもの学力をあげる方法の本を読んだり

これまで何十冊と教育

学力関係の本を読みました

 

中でもおススメはこの二冊

f:id:linum-yoshi:20171007102849j:image

 

他にはこんなのも

f:id:linum-yoshi:20171007102855j:image

 

この他にもノートの取り方のコツの本も何冊も

 

そして良いとされる事を片っ端から実践、強要

それでもなかなか結果が出ない

 

それがね…びっくりな事に

あることを始めてから

息子の成績が上がってましたの(*゚▽゚*)

 

決して公表できるほどの成績ではございませんが ^_^;

彼なりにね!

 

それに加えて私がここ一年をかけてやってきた事の結果が出たのだとこれまたびっくり

 

 

なぜなら常識と言われるものから外れているかもですから…

 

 

息子の成績を上げるため私がやってきた事

 

その1

机に座らせるのではなく、お外遊びを存分にさせる

 

以前は、宿題終わらせてからお外遊びへ行くように話していました

 

お楽しみを取っておけば頑張ると思っていた母の思い込み

 

そしてそれは、母の早く終わってくれないと

私の時間が奪われるという

全く持って母の自己中的な思い込み

 

そうすると、遊びに行きたいけれど

気がつけば宿題も終わらないまま

遊びにも行けなかった息子くん

 

これじゃあやる気も出ないわな

 

というわけで、暗くなるまで存分にお友達とのお外遊びをさせました

 

その結果、自分なりに時間配分を考えて

「夜の7時から始める」と宣言通りに宿題をこなすようになりました

 

そして今では

「宿題が終わった時が幸せ」だそう

 

その2

頑張りノート、宿題のチェック、丸つけをしない

 

1年前までは、面と向かって宿題させておりましたの

 

そうするとね、母は息子が間違えると

いちいち言いたくなるのですよ

 

そしていちいち直しをさせる

 

そんな風にいちいち言われ、指示されたら

いつしか、宿題の内容うんぬんの前に

息子くんは

「いかに母に言われないように、ダメ出しされないようにしようか」

に意識が向いちゃってたんですね〜

 

なので宿題どころではなかった

 

そして母は息子の自分で考えて自分で解決するという機会と楽しみを奪っていた

 

それは母の「私はこんなに息子の為に頑張っている」というこれまた勝手な自己中思い込み

 

迷惑にも程がある^_^;

 

その3

課題を強要しない 

 

1年生の頃から

某有名通信教育(今はタブレット学習)

をさせております

 

学校からの宿題に加えて

毎日、通信教育の課題を強要

 

それをやめました 

 

やりたくなったらやるだろうというスタンスへ

 

そして今のところ

タブレット学習は全くやってません(*゚▽゚*)

 

その4

学校行事、PTA活動は本当に必要だと感じる時だけ参加する 

 

以前は学校行事から、授業参観から

PTA活動からほぼ全てに参加しておりました

 

そしてそれは、息子にとっては見守りではなく

「見張られている」

だったのです

 

家でも外でも見張られたら…

やってられないよね

その上ダメ出し…

自分がされたらたまんない

 

見張るを辞めたら

息子君が学校での出来事を話して聞かせてくれるようになりました

 

喧嘩やお友達と笑った事(給食時間に笑わされて鼻から牛乳出たとかお決まりまでね)

 

 なので今は本当に必要とされる時だけ参加

そうする事でPTA後輩の活躍の場を奪うこともありません

 

そして参加したとしても

他に出来る人がいればお願いする

 

活躍の場(居場所)があると嬉しいですものね

 

その5

リビング学習にこだわらず、好きな場所で勉強させる

 

リビング学習にこだわらず

やりたい時にやりたい場所で

やりたい方法でさせるようにしました

 

時には旦那さんの会社の事務所

時には自分の机

時にはリビング

 

そして大きな音で大好きな音楽を聴きながら

宿題をする事もあります

 

自分でやる気をあげる方法を知っているんですよね

 

そこで母のやる気の上げ方を押し付けない

 

 

その1〜5の他にも

学校の準備を全て自分でさせる

(給食エプロンのアイロンかけとかまでね)

忘れ物を届けない

など、基本自分で出来ることは自分でさせる

 

大切なこと

見張りではなく、見守りを

 

自分で出来ることは自分でさせる

そして子どもを見張らない

見守る事でいつでも

必要とされる時だけ手を貸す

 

そうすることで子どもの成長の機会を奪わない

 でいられます

 

もうね、出来てるひとからしたらきっと当たり前の事ばかりなのですが

 

これまで子育て含め教科書通りに

勉強して、実践して

自分なりに結果を出してきた私にとっては

ザワザワする事ばかりでした

 

でね、そのザワザワは母自身が自分の事をする事で解消されますよ

 

私は息子を見張っていた時間を自分のすきな事とやりたい事

予備校や塾に行きたいという上二人の娘の送迎の時間へ当てました

 

日常のちょっとした事を丁寧に

いつもより美味しく

手をかけたご飯を使ったり

趣味の時間に当てたり

子どもの為ではないすきな本を読んだり

 

母がご機嫌でいるいる事と

家が整っている

美味しくご飯が食べられる

好きな時に好きなようにできる

 

みんなが元気で過ごせる

それだけで充分幸せなのです

 

 

 

※上記で紹介した本の内容と異なりますが

これはあくまでも紹介した本の内容を全て実践してみていきついた私なりのやり方です

 

受け取り方は人それぞれ

色々試して自分なりのやり方を見つけていけますように…

 

 

 

 

「隣の芝生だけが青い」とみている時間があるなら

The grass is always greener on the other side of the fence.

 

「隣の芝生は青い」

または「隣の花は赤い」

 

隣の芝生(花)を見て良いなぁと思う事はありますか?

 

 f:id:linum-yoshi:20171001105615j:image

 

私は良く見てしまいます

 

やはり、綺麗なところや

綺麗なものには心惹かれます

 

芝生や花は時にその人の活躍だったり

持っているものだったり

美しさだったり

 

でね、ここからなんです

 

私には無理、そんな風に育てたり

進んだりできない

その人だからこそ出来ている事のなのだと

 

人の事としてただみるだけで

良いなぁ、羨ましいなぁ

または嫉妬して終わるのか

これ↑少し前の私ね…

 

 

あんな風に上手に育てるには

どうしたら良いのだろう?

 

そのコツを聴ける機会があるなら

聞いてみる

それが自分にもできる事なら

素直にやってみる

 

 

その結果、憧れの素敵な人と

同じようにしているつもりでも

同じように育たない…

とそこで悲観してしまいますか?

 

同じように育たない…それは

やっている人が違うので

結果は違って当たり前なのです

 

そこにはその人それぞれの魅力が加わるから

さらに素敵にその芝生は青々と

その花は赤々と育っているはずです

 

 大事なのは育てる為に

どれだけ自分なりの努力が出来たか

どれだけ動けたか

 

f:id:linum-yoshi:20171001110403j:image

 

ただみて良いなぁと

何もしない時間を過ごすより

よっぽど素敵に育ってくれます

 

みているだけの時間を行動へ変えよう

 

自戒を込めて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

極上のエネルギー循環を感じる方法

 

人と人ってエネルギーの循環で成り立つ

 

それを人間関係と言うのだけれど

 

そこでエネルギーの奪い合いが起これば

たちまちその循環のバランスが崩れる

 

だけれどそこでお互いにそれぞれが持っている

エネルギーを差し出すことが出来れば

 

新しく大きな素晴らしいものが生まれる

 

 

例えばね、私が生米だけを持っていたとして

それだけでは美味しいご飯を食べる事は出来ないのだけれど

 

水を持っている人が水を差し出し

火を持っている人が火を差し出し

鍋を持っている人が鍋を差し出し

 

さらに素敵な器を差し出してくれる人

食べやすく、使いやすいお箸を出してくれる人

そんな人達がいてくれたら

 

みんなで揃って楽しく

美味しいご飯を食べる事が出来るよね

 

 

 

今日は内藤勲さんのセミナーへ

今年2回目の参加

 f:id:linum-yoshi:20170927234443j:image

ネットでファン 内藤勲ブログ

 

そこでご一緒させて頂いた素敵な皆さんと

お互いのエネルギー循環をする事が出来ました

 

ほら!よく予習よりも

復習する方が定着するって言われるでしょ

 

それもあるけれど

素敵な講師とそこに参加されるこれまた

極上のエネルギーをお持ちの方々とのセミナーは私にとって何とも言えず美味なのです

 

セミナーでは主に

SNSやブログについての活用について

 

SNSの場も同じくエネルギー循環の場

 

しかも顔を直接合わせる訳ではないので

直接顔を合わせる時以上に注意が必要

 

そしてそこでも自分の持っているものを

惜しみなく差し出すことで

新しく大きなエネルギーが生まれる

 

なんだか寂しいとか

虚しい気持ちで人のエネルギーを奪ってしまいそうな時

そんな時こそ自らエネルギーを差し出す事が必要な時なのかも

 

そんな事を改めて感じた一日

 

せっかく出会ったんだし

せっかくアカウント作ったんだし

せっかく沢山の人と関われる場所があるんだし

 

ただ黙って見ているだけよりも

自分の持っているものを差し出す事で

繋がる楽しさとあったかさを感じる事が出来る

 

私もね少し前まで

私には何にも無いと思ってた

 

それは思い込み

私の普通は他の人にとっては普通じゃ無い

 

あなたにとっての普通は他の人にとっては大きな喜びだったりする

 

だから、思っている普通は普通じゃ無い

もう良い加減諦めて

その普通じゃ無い変態さを見せて♡

 

 

 

 

お家のコトとお洋服製作について

 

新しいものよりも

古いものや年月をかけ

人によって手間暇をかけられ、育ち

味が出てきたものが大好きです

 

そんなもの達との出会いは

人の出会いと同じで

 

古ければいい、出会えばいい

というものではなく

ちゃんとメッセージを込めて訴えてきます

 

中には手にしてはいけないなと思うものも

 

お家のインテリアに関して

数年前までは色々飾って楽しんだり

手を加えるということをしていました

今よりちょっとばかりガーリーなインテリアでした

 

でも、ある日ふと

 

このインテリアで果たして旦那さんや子供達が心地よいのか?

と疑問を持った時

 

着飾るということよりも

心地よく過ごせることに重点を置くようになりました

 

f:id:linum-yoshi:20170923194442j:image

 

それからは暮らしていくのに必要ないもの

無くても困らないもの

そんなものを手放し

少しずつ削ぎ落としていくインテリアへと変わりました

 

ワンコ達とも一緒に暮らしているので

家族が多い分

ものを減らすことに限界はありますが

 

出来る範囲で削ぎ落としていくと

本当に自分に必要なもの

ことが浮かびあがります

 

そこからまた創りあげていく

そんな風に暮らしていきたいと思っています

 

 

お洋服製作も同じで

出来るだけシンプルに着心地良く

ストレスフリーなお洋服を作っていけたらと

 

年齢を重ねる度に

削ぎ落とすことの大切さを感じます

 

f:id:linum-yoshi:20170923194530j:image

 

そして今の私の日々は子供達と

旦那さんのお仕事サポートが主で

お洋服はその他空き時間に製作しています

 

私の場合は家族のこと

そこをすっ飛ばす事は出来ず

すっ飛ばしたとしても良い作品を作ることができないのは自分が一番良くわかっています

 

自分が心地よい状態が絶対での製作なので
そんな小さな願望をもちながらの活動は

本当にのんびり、ゆったりスピードですが

 

どうぞこれからもよろしくお願い致します

 

 

11月に再び素敵な企画展へ参加させて頂きます

詳細がわかり次第、またご連絡致します