linum.okimawa (リナムオキナワ) 大人女子のためのナチュラル服

大人女子のためのナチュラルで着心地の良い服を制作、現在、沖縄県浦添市にあるgiftさんにて委託販売中。

悪口、陰口、嫉妬はこれから貴方のステージが上がるとき

 

 

私は人より優れているとか

凄いとかという生まれ持った才能は

何一つ兼ね備えていない

 

ただ、お願いされた事や

流れでやってくることに対しては

ちょっと調べたり、やってみたりする事で

なんとなく出来てしまう

 

なんとなく出来てしまうものだから

それを人が認めてくれて色々な依頼がやってくる

 

その様々な依頼をこなしているうちに 

いつの間にか自分のしたいことが

わからなくなっていった

 

そんな時に、ある方に言われた言葉

 

「貴方、陰で結構いろんな人に色々悪く言われているよ。きっと貴方の耳には入ってきていないだろうけど、私のところにはたくさん聞こえてきている。そんな色々やってないで、手放す事をしたら?手放す事を恐れないで」

 

もう2年も前に言われた事なのに

すごく傷つき、時々ひょこっと

また現れては心をチクンとしていた

 

その傷から抜け出したくて

私は出来る限りのものを手放した

 

そして最近やっとその言葉を自分の中に落とし込める事ができた

 

言われた時にはね

勝手に全ての人に否定されているのだとショックを受けた

 

でもね、この方が言う「いろんな人」って

全ての人の事ではない

 

私も含め、人間それぞれ

世の中には正当な理由が無くとも

生理的に無理な人っているんです

でね、それは全ての人のうちの2割だけ

 

そうかと思えば、私の事を大好きでいてくれる人も2割いる

 

残りの6割は私が何をしてもどうでも良いし

なんとも思わない人

 

これを2:6:2の法則と言うのですって

 

2:6:2の法則についてはこちらの本 ⇓ に詳しく書かれています

楽天ブックス: 売れるハンドメイド作家の教科書 - 中尾亜由美 - 9784576160351 : 本

 

 

この法則を知ってから

 

ああそうか、あの方が言っていた

わたしのことを悪く言ういろんな人って

いろんな人ではなく、それを言った彼女なのだと理解できた

勝手に嫉妬されていたのだと

 

なぜそれが分かったかというと

わたしが手放した今、代わりにそれを

彼女がやってくれているから

 

今でこそ

「代わりにやってくれてありがとう。あの時貴方が教えてくれなければ、私は今でも自分のやりたい事が分からずに迷走していたかもしれない、貴重な気づきをありがとう。私を好きでいてくれる2割の人を心から大切にしていこう」

 

と感謝している

一見、悪いことのようだけど

この方は悪者になってまでも私に気づきを与えてくれたのだと今なら思う事が出来る

 

言われた時にはショックの方が大きくて

そんな素敵なメッセージに気がつく事が出来なかったのだけれど

 

 

 

 

f:id:linum-yoshi:20170529223340j:plain

 

もし今ね、私と同じようなことを言われて

傷ついている人がいるとしたら

 

これから貴方が大きく成長していくために

その言ってくれた方はあえて悪者になって

教えてくれているのだという事だけ知っていて欲しい

 

それに、言われるというのはそれだけ貴方の価値を認めているということ

どうでも良ければこんな風には言って来ないし、言われない

 

相手を焦らすほどの魅力が

貴方にはあるという事を分かっていて欲しい

 

 

その答えは、まだ先にならないと分からないのだけれど

いつかきっとその言ってくれた相手に

 

心から感謝出来るほど貴方はステージをあげていくのだから