linum.okimawa (リナムオキナワ) 小柄大人女子のためのナチュラル服

小柄大人女子のためのナチュラルで着心地の良い服を制作、委託販売。現在ネットショップ準備中。

お金の循環 私達夫婦の神社ミッション

 

我が家の末っ子長男くんは来週西表島の船浮へ4泊5日の研修に行きます

沖縄県内から8名の5年生がお泊まりしながら、自然の中で貴重な体験をするとのこと

 

そして長女さんは、県の事業へ合格し

来月モンゴルへ研修に行きます

県内から39名合格、そのうち13名がモンゴルへ

 

どちらも実質、我が家からの出費はありません

 

昨夜、旦那さんと

これだけの学びの機会を与えてもらって、お金も出さないで良いなんて本当有り難い話だよね〜と話していました

 

その中で、そういえばこれまで長い間

国境無き医師団やセーブザチルドレンへの募金活動をして来た事を思い出し←私ではなく旦那さんが(´∀`*)

 

もしかしたら、これまでやってきた事が

今になってまわりまわって

我が子へ帰ってきてくれたのかもしれないね

という結論に

 

ほんとそうだなぁと

これまで他の子ども達へ募金してきた分が

今度は我が子の為にまわってきた

それ以外は考えられない

 

それをたまたま我が子が行ける事になったと捉えるか

そういう素敵な流れがあると捉えるか

心持ちが違うよねと

 

昨夜は旦那さんと良い話ができた

 

なのでお礼の気持ちも込めて

これからもできる範囲で募金活動を続けていきこうと

 

私達夫婦にとっては募金活動も神社ミッションと同じこと

 

もちろん税金もきちんと納めていますし

節目節目で神社へのお参りもしていますが

今回は世界の子ども達への贈り物が

我が子への贈り物としてかえってきたと捉えた方が自然な流れ

 

見返りを求めてする事ではなく

お金にも素敵で大きな流れがある

そう考えると改めてお金のありがたさを感じられました

 

f:id:linum-yoshi:20170609200745j:image

 

写真は次女さん(中2)が行ってみたいという

京都の伏見稲荷大社の千本鳥居

 

次女さんも個性豊かな子で

刀剣に興味があったり

豊臣秀吉や織田信長が好きだったりする

彼女にとって歴史はテレビドラマを見ている感覚なのだそう

 

歴史の裏側に見える人間の感情がとても興味深いとか

 

もしかしたら前世や守護霊さんと何か関係があるのかもしれないね